スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■しゃべるいきもの■

少し趣向を変えてライトノベルなどを紹介してみる
TVや映画が好きなので本は滅多に読みませんが、ふとした事から購入してみました。
syaberu

しゃべるいきもの
【著者】 松原 真琴
【イラスト】片岡人生・近藤一馬


[しゃべるアロワナ][しゃべるイヌ][しゃべるヘビ][しゃべるフェレット][しゃべるネコ][エピローグ]の6つの短編集で、動物がある事情から人間の言葉を喋ります。妹萌えの兄の受難や猫と人との感動話、別惑星の王子と名乗るフェレットや関西弁を喋るアロワナなど、どの話も漫画感覚でサラッと読めるのが嬉しい。著者の松原先生はジャンプ小説大賞入選後、BLEACHの小説版や「そして彼女は・・」のシリーズで活躍中。そして交響詩篇エウレカセブンのコミック版で人気の片岡・近藤両先生が、魅力的なイラストを描いております。オススメですよ旦那。

ライトノベルって面白いですね。何か良い本あったら教えてくださいな。

スポンサーサイト

■ショタケット11■

5月5日は男の子の節句って事で
ショタケット11
に行ってきました
syota11

所は浅草にある都産貿の台東館。寝坊した為に1時間半前の到着となりましたが、ショタケは列形成も入場も超適当なので安心です。今回も待機場所と即売会場の間のついたてを一斉に取っ払う形での入場となりました。(秒単位のカウントダウンのおまけ付き)。普通なら大混乱ですが、ショタオンリーという特異な性質のイベントの為か殺伐とした雰囲気は皆無で、みなさんとても行儀良く散らばっていったのがとても印象的でした。
とりあえず欲しいサークルの本をあらから購入。
用事が済んでチンコにも飽きたので早々に退散です。
ブラック

下の階では軍事マニアイベントブラックホールをやっていたのでネタで入ろうかとも思いましたが、入場料が1200円と高額だったので断念。ふと見ると迷彩柄のスカートを穿いた可愛い女の子がウロウロと・・。何故か妙に新鮮だったので写真に収めようとも思いましたが、すぐ後ろに
ドス黒い鈍器を持った軍人さん
がいたのでこれも断念。(たぶん親?)

帰り際に浅草雷門見て、オムそば食って串カツ食ってクレープ食って牛串焼き食ってお好み焼き食ってなっちゃん飲んで帰りました。

しばらくチンコは勘弁な。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。