スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ハートキャッチプリキュア!-12話】

ハートキャッチプリキュア!
第12話「ドッキドキです!プロポーズ大作戦!!」


ハートキャッチ-12-0
まさかゲストカップルのおノロケを30分間見せられるとは
作画監督は特徴的で安定感のある絵柄の奥山センセなんで安心安心
ハートキャッチ-12-1
今回は眼鏡つぼみが出血大サービスさ。ハトキャは大人の恋愛話に子供も参加できる珍しいアニメです。プリザーブドフラワーとは、生花を脱水脱色した後に好みの色で染色加工した花の事で、時には10年保存も可能だとか。元の姿での長期保存が目的の為か、プラストミック標本と製作方法が似てるキモ。まぁいらん情報ですが。
ハートキャッチ-12-2
Aパートでユウトとリサをカップルと思わせて、実は相手は別にいて・・という展開はないのか。恐怖のドキドキを恋のキュンキュンと錯覚する吊り橋効果は、元から恋人同士の2人には不必要だと思う。BQ大会なんでシプコフもちゃんとオシャレな装い。たぶんこの衣装も玩具で売られるなー、と思ったら既に発売されてた。流石はバンダイである。
ハートキャッチ-12-3
ドヤ顔で得意満面だったつぼみも、吊り橋のような高所はちょっと苦手。この反応こそまさしく”THIS IS TSUBOMI”である。なんだかユウトとリサの反応がイチイチ初々しい。ひょっとして、いまどき珍しい清く正しく真面目なお付き合いって関係なのか。いまだ恋に憧れる中坊2人も気がつきゃ出歯亀に早変わり。そんな2人を見守るえりかパパが嬉しそうでもあり、ちょっと寂しそうでもあったり。
ハートキャッチ-12-4
水攻めなんて平気と思ったら、そんなこと無かったんだぜ?
マリンもろ共ピンクフォルテウェーブで撃退のブロッサムが容赦無ぇ。結果的に恋のキューピットになったのは、リサをデザトリアン化して本心を吐露させたコブラージャでした。
ハートキャッチ-12-5
この花は貴方のです
ブロッサム本人は気にして無いけど、深読みしたらこのセリフは凄くエロいよ。元々ちょっとしたすれ違いだっただけに、互いの本心知ったらもう結婚まで一直線。ラストまでお姫様抱っこでキメて、最初から最後までノロケ全開のユウトとリサでしたとさ。



ハートキャッチ-12-6
来週、ゆりさんメイン遂にキター






スポンサーサイト

【ハートキャッチプリキュア!-11話】

ハートキャッチプリキュア!
第11話「アチョー!!カンフーでパワーアップします!!」


ハートキャッチ-11-0
前回とはうって変わってカンフーな回
フレプリ劇場版のカンフー君も、黄色地に黒いストライプというカンフー定番スタイルだった。この死亡遊戯ネタを知ってるお子様がどれだけいるか疑問である。
ハートキャッチ-11-1
見るからに気の強そうな独身女教師は今日もエロくて嬉しゅうございます。自らの力不足を反省し、カンフーでスキルアップなんてつぼみにしては前向きだ。
拳法は一通りマスターした
いわゆるこの時期の男子特有の病である厨二病の酒井君。彼の恥ずかしい言動を見て、素直に笑えない奴も結構多いのではw
ハートキャッチ-11-2
プリキュアでは本当に珍しいジャイアン&スネ夫キャラ。よく見るとスネ夫はジャイアンのカバン持ちしてるのね。人に害なす人間、例えば不良や泥棒、痴漢やレイプ犯などにプリキュア達が遭遇しないのは、一種の聖なるガードに守られてる為と勝手に解釈しております。ただし人外の悪には無効って感じで。もちろん二次創作の同人にも当てはまらない訳ですが。当てはまっても困りますが。
ハートキャッチ-11-3
今回の犠牲者は情けない兄に絶望した酒井弟の方だったのか。結晶玉で遊んでるスナッキ-達がやけに楽しそうだな。でも酒井兄が偶然打ったなんちゃって掌打であっさりと奪い返されちゃう。スナッキーが弱いのか、本当は酒井兄が強かったのか。たぶん前者なんだろうな。見た感じ攻撃力高そうなクモジャキー、そろそろ戦ってもいいんじゃね?
ハートキャッチ-11-4
心眼発動中
やっぱプリキュアには安易な修行より、絶対に諦めない強いココロのほうが大事なんだと痛感したつぼみでした。しかしそれを誰に教わる事無く始めから気づいていた人が・・
えりか、恐ろしい子!

ハートキャッチ-11-5
次回は二人が恋のキューピットに?
なんか大荒れしそうな予感w




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。