スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメントの投稿


管理者だけが見れ

【スイートプリキュア♪-35話】

スイートプリキュア♪
第35話「ジャキーン!遂にミューズが仮面をとったニャ!」

スイートプリキュア-35-0
遂にミューズの正体が明らかに!
キュアミューズ、いったい誰なんだ・・・
(棒
スイートプリキュア-35-1
ミューズには何か事情があるんじゃないかしら
私もそうだったから・・

ミューズには事情がありそうだけど、エレンの場合はそそのかされてその気になっちゃっただけな気もするぜ。響たちが問いただしても毎回綺麗にはぐらかすクレッシェンドトーンさん楽しそう。いつも神出鬼没な音吉さん、今回はしれっとメジャーランドに来ちゃってた。なんでもアリなキャラなんで製作側としたら非常に重宝してそうなイメージ。
スイートプリキュア-35-2
結局音符は全部集まってないとか、どうなってんの!
トリオザマイナーに音符探しに行かせたり楽譜を守らせたりと、なんか脚本が行き当たりバッタリ感100%である。取りこぼした音符達も結構な数だし、ネガトーン自体に音符吸収能力があるのはメフィスト製だからって事でいいのかな。何よりも辛いドドリーのミューズへの精神攻撃が続く中、騒ぎに気づいた響たちもやっと到着。ココ最近は人前なのに平気で変身してるようにも思えるが、うーん・・・・w
スイートプリキュア-35-3
ちょっと待って・・エレンの心を悪に染めたヘッドフォンを
メフィストがしてるって事は・・・

本格的に物語が動き始めたようで、ここまで本当に長かったなー。ビートのへタレた過去がキッカケだけど、その事の真意に気づいたのがメロディってのが良いッス。普段の勉強とかイマイチだけど、こういった事に関して機転が利くのはリーダーとして大切な資質なのです。ノイズ攻撃で度々不幸にされたり、街が戦いで破壊されまくりな加音町の人々。ココは絶対に住みたくない町だなw
スイートプリキュア-35-4
メフィストを操る悪の心と戦う事が、
メフィストの幸せを守るという事なのよ

メロディが本質を全部説明してくれて、結果的にミューズまで良い方向に導いてくれるから助かります本当。「行こう!」って台詞がなんかカッケーな。音符ゲットに浮かれ過ぎてて即効奪われたり、こんな時でもハミィは全くブレないなぁ。そして巨大化って負けフラグだよねw
スイートプリキュア-35-5
もうやめて、パパ!
遂にミューズが声を発したああああ。訓練された声優オタは即座に・・・、というよりもコレは俺でも即座にわかるポヨ。ミューズの容貌と意外と高い声のギャップがまた良い。やっぱミューズの事情はエレンとは比べ物にもならない位に重い物でしたw
そして一気にキャストオフ!
物凄い脱ぎ方はいいんだけど、どうしても厚底ブーツに目がw
スイートプリキュア-35-6
黄色い娘が遂にきたぁあああああああ
・・・あ・あれ? 変身シーンは次回に持ち越し?
スイートプリキュア-35-7
加えてミューズがアコちゃん確定
どちらかというとメロディはコッチの方に驚いてたような気もする。メフィストがアコのパパって事は、音吉さんの息子でもあるって事か。この流れだとアフロ様がママって感じだな。しかし黒ミューズ時との身長差が有り得ないレベルだ。まさかシークレットシューズでしたーってだけで済ませないよね? 何かしらあるよね? 頼むでホンマ。
どんな辛い戦いになっても乗り越えなければならない
それがパパを本当に守るという事だから

そう言いながらキッと構えるミューズ。ヤバイ、ミューズが健気すぎて泣けてくる。
涙でもう書けないので次回へ。。。

スイートプリキュア-35-8
うっほおおおおおおおおおおおおおおおお
超バンクに期待だぜええ

スイートプリキュア-35-9

次回はサンシャインクリエイションでエロ本買いに行く予定があるんす
リアル鑑賞は無理だけど、帰ったらタップリ鑑賞なのだ



スポンサーサイト


コメントの投稿


管理者だけが見れ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。